FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
「風林火山(30)」
「天下への道」より

今回は参院選挙ということもあり、

「武田」ではなく、「長尾」が中心になっていたようです。

越後という国はこれほど面倒くさい国だったとは知りませんでした。

甲斐の武田よりもさらに統一に時間が掛かっていたようですね。

ガクトのあの雰囲気は何とも言えない、陰陽師みたいな不気味な感じでした…(-_-;)ホント

まあ、あれがカリスマになるのでしょうが…。

ちょっとあのような感じは個人的には苦手です。

直江実綱(景綱)が出てきましたが、この人こそが直江兼続の義父に当たります。

景虎の元へ送り込んだ方はひょっとして…?
そんな訳ないか~( ̄ヘ ̄;)ウーン
それにしても一生不犯を貫き通すだけの根性はありますが、
どうもこの人の感覚が分かりません。
仇敵をあれだけ褒めているのは「褒め殺し」のようで気味悪いです。
まあ、このような男なのでしょうね…( ̄ヘ ̄;)ウーン
でもこれからまだまだ越後統一までには時間がかかりそうですね。

上杉憲政(関東管領)様は相変わらずのバカ殿ぶりですが、
今回は北条のことが気になって仕方が無いようですね。
でもあれだけボロボロにやられても遊興にふける御馬鹿さんは国宝級ですね、幸せな人ですね… ( ̄へ  ̄ 凸

村上義清は相変わらずの様子であり、これはいいのですが、
重臣がいかん!あの時代でも上司によるセクハラ・パワハラ横行!
矢崎さん、可哀想だよ。親分が良くても、すぐ下がこれではね…。
ヒサさんも親父さんの一言が嬉しかったのでしょうね。
あそこまでして頭を下げる親父さん(矢崎さん)は珍しいよ。
それ程平蔵が頼もしく見えたのでしょうか?

暴走モードに入っていた武田晴信も、名君モードへ修正していますね。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」

人の大切さを知り、家臣の心をゲットした姿は素晴らしいことです。
勘助も天下を見定めてこれからの戦に備えて「鉄砲」を調達することは先見の目はありましたね。
そして晴信との夢の語り合い、現実のものにしてあげたかった…。
信州統一が現実のものになると確信したのでしょうか?

あと数年で今川の軍師である雪斎が死に、今川家は崩壊へと徐々に導かれていきます。それにしても今川義元は嫌味な人。
世の中にもこんな人いますね…。

次回はちょっと血なまぐさい、泥臭い話になりそうです。
小笠原を追放し信州の半国以上を手中にした武田晴信。
残るは信州北部の村上義清との最終決戦。
ここで真田幸隆が山本勘助以上の策略をかけるようです。
積年の恨みがここにて爆発しそうですが、
砥石城(砥石崩れ)への序曲になりそうです…。
スポンサーサイト




テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

遅い時間に今晩はです。
私は読む【本】にすごく偏りがあって、いろんな説にも詳しくはありません。
今回の大河もweekdaybattlerさんとNHK出版の上下巻本をガイドに
どんどん話の魅力に取りこまれているわけですが・・・
今放送はGacktさんメインでしたね。
メイクや服装の感じも独特の雰囲気を受けました。
女性だった、と言う説もあるのは本当でしょうか?
それもふまえてなら、今回の配役にもなるほどと思える部分もございます。
さてさて、それから今川さん。あの人は私好かないです。
雪斎さんと母上がいなかったらただのうんちくたれのぼんくらな気がします。
なんて屈折してる人なんだろうって思ったり(笑)
いい歳して子供っぽいよしもっちゃんですね!
【2007/07/31 01:46】 URL | ほにょにょん #- [ 編集]


どうもありがとうございます m(_ _)m
今川の崩壊もいよいよ時間の問題となってきました。
もともと今川家は女大名と呼ぶ方もいるようです。
これは前回大河ドラマでの山内家も同様です。
今川家と山内家の明暗が分かれたのは「軍師」でもありますが、
それと時代の流れをつかんだ「運」でした。
今川は雪斎が死んだ後徐々に綻びが緩み、桶狭間にて悲劇を迎えることになりました。
それに引き換え山内は小山会議の一言で国持ち大名になりました。
時代の流れをつかむことができたのは「女」の一言に尽きますね。
戦国の女性は強いですが、今川はそれを活かしきれなかった。
武田もこれまた同じ、「正室」「側室」がしっかりとしている家は栄えています。
徳川、伊達、毛利、島津、前田などはそのいい例でしょう。

雪斎死後の今川の腐った体質はその子氏真に見事に引き継がれ、
その姿は見事な馬鹿殿ぶりとして後世まで語り継がれています。
織田信長の前にて「蹴鞠」は有名な話ですよ…┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
【2007/07/31 08:50】 URL | weekdaybattler #X1x3G5gE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/143-fcebdcb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)