FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
「風林火山(31)」
「裏切りの城」より

今回は真田幸隆の大奮闘でしたね。

さすがは策略家であり、情報収集力の高い真田幸隆。

『透波(すっぱ)』という忍者集団を巧みに操り、

各国(特に周辺国)などの情報収集に当たり、

武田晴信をはじめとする譜代家臣からも一目置かれていた存在だっただけは十分に頷けますね。

山本勘助・真田幸隆ともに良きライバルの関係だったと思います。

相木市兵衛とこの3人は大変馬が合うみたいですね。

お互いに人癖ある武田家にあっては「変人集団」とも言えますね。

まあ、これでいいんですけどねぇ…。

小山田の不気味な御仁よりは、何か気分爽快という感じですが…。

とにかく真田の奥さんが大変器量がある人。

内助の功とはこのことでしょう (・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン

酔っ払い、宴会好きの上杉憲政のバカ殿から引き離す時も、

自分の身内に対して一喝して、夫の苦労を知るものとしての気丈な、

正当な振る舞いには、本当に感服ものでしたからね。

「真田幸隆」という人物にはそれだけの魅力があるのでしょう。


さて、今回は見事に村上義清に先制の一撃を食らわしたわけですが、

スパイがいることを知らされた幸隆は逆にそのスパイを利用して、

それも何とも真田らしいやり方で相手の心を奪ったわけですね。

一番信頼していた家臣を村上のスパイと重臣の前で仕立て上げ、

叩く、殴る、蹴るのやり放題。

とどめはその弟に首を切らせるやり方には、

見ている方はただ驚くばかりでした…(・_・)ヾ(^o^;) オイオイ

透波(すっぱ)からの情報にて、策を立てたのでしょう、

やはり最初から芝居だったようで、そのシーンを見てホッとしましたが、

「あそこまではちょっとやり過ぎだろうが…( ̄へ  ̄ 凸」

と、まあ思ったわけです (;^_^A

それに引き換え、哀れなのは村上義清ですわ ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

見事に、気持ち良いくらいに引っ掛かってくれました。

重臣を2名ほど地獄へ落としてしまいましたね、

小島五郎左衛門、矢崎十吾郎(ヒサの親父、平蔵の義父)

本当にご愁傷様でした (* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌

戦国の世「男気」だけでは渡れないことを思い知らされたことでしょう。

また真田幸隆の恐ろしさ、策略にも舌を巻いたはずです。

「義」を貫くこととは違うことを察するべきですが、

この御仁(村上義清)も曲者であり、ただでは済まないからね…。

次回もしくは次々回は有名な「砥石崩れ」の話しになるでしょうが、

この戦い、勘助がいれば絶対に避けることが出来た戦いです。

時期尚早と踏んでいたのに勇み足で自爆行為…(ノ´∀`)

真田幸隆最大且つ最後の大失態 (/。\)イヤン☆

武田晴信にとっては二敗目となる戦いであり、

今度ばかりは生命まで奪われる危機に直面します。

この戦いはのちにまで有名なことであり、

多くの重臣を失い、また多くの将兵が傷つきます。

重臣の中には横田高松が有名であり、また小山田のおっさんも重傷を負います。

そしてそれから約二年後に地獄へと旅立ちますが…。

勘助が越後から戻ってきてからでも決して遅くは無いと誰もが思うでしょうね…。

それにしても長尾景虎(Gackt)は…、

不気味ですね…、怖いくらいに…、勘も鋭いし…。

何だか長尾家は宇宙人を当主にした集団ですか?

変な錯覚に陥りますね… (-_-;)ホント

まああの家臣の中では直江実綱(景綱)と柿崎景家くらいですかね、

まともに見える人たちは… ( ̄ヘ ̄;)ウーン



次回は幽閉中の勘助の話になるでしょうが、

小説「風林火山」では越後の軍師となった宇佐美定満(当時)が、

根来の鉄砲売りに化けた人間を「山本勘助」と見事に見破ります。

TVでもおそらくこのシーンは出てくるでしょうが、

その時の勘助の表情にご注目あれ!
スポンサーサイト




テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/153-a2c8cf74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)