FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
警察官の射殺事件とその真相とはいかに?
警視庁立川署の友野秀和巡査長(40)が飲食店従業員の佐藤陽子さん(32)を射殺した後に自殺したとみられる事件で、友野巡査長は今年5月、佐藤さんの知人に佐藤さんへのストーカー行為をとがめられた際、「わかっているが、やめられない」などと悩みを打ち明けていたことがわかった。
 友野巡査長はこのころから思い詰めた表情を見せることが多くなり、事件直前には周囲が驚くほど体重が減っていたという。同庁は、同署の管理職らが、心身に明らかな異常を見せていた友野巡査長に、なぜ交番勤務を続けさせたのか、特別監察を実施して調べている。
 佐藤さんが利用していた東京・国分寺市内の飲食店の男性経営者(35)によると、友野巡査長は今年5月、この店を2度にわたって訪れ、「佐藤さんのことが好きだ」「交際相手がいることも知っているが、どうしたらいいか」と相談を持ちかけていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070825-00000004-yom-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070826-00000902-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070825-00000906-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070825-00000037-jij-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000932-san-soci

殺害実行の決定打は「メールの内容」にある!
結構この女性もストーカー行為に腹を立てていたと見える。
新聞の記事なので、その真意はどこまでなのかは分からんが、
結構相手を挑発するメール文になっている。
逆にこれで理性が切れてしまったのかもしれないが…。
被害者から見れば「正当な行為」であり、全ての悪の根源はストーカー本人だからね、仕方が無いと言われればそれまでであるが…。
もう少し大人の対応を双方ともにしていればここまでにはならなかったことでしょう。
人間の秘めた恐ろしさが露見した事件だったでしょう。

人間には感情がある故に、こんなことはごく普通なことである。
「人を好きになる」というのはその対象者がどのような人間であれ、
別に大したことではない。
私も職場内では好きな子はたくさんいるし、気になる子もいるが、感情的にもここまでよ。
そこから先は火遊びをすれば大変なことになるし、
火遊びするだけの余裕も時間も金も根性も無い…。


しかしここからが肝心なこと!


この犯人(巡査長)には家族はいるのか?もしいるのであればどうしてそこで理性が働かないのか?
感性のまま突っ走ればどのような結末になるのか分かっていたであろう。
ストーカーを取り締まる仕事である警察官も、所詮は人間だということだが、こんなことは許されるべきことではない!知人に咎められて当たり前だ!
「不法侵入行為」だけでも立派な犯罪である、そんなこと分からないくらいに恋愛感情に盲目だったのか?
思春期の子供じゃあるまいに、ちょっと短絡過ぎるのではないだろうか?それほどまでにその人は自分の理想的な女性像だったのか?

この世は所詮「男と女」であり、「好き嫌い」という感情や思いはごく普通のことであるが、自分を忘れるような、自分を破滅に導くような行動はどんな職種の人間であっても止めるべきである。
ましてや相手の人生を強制的に、自分勝手な理由にて奪うなんて…。
この被害者の残されたご家族の方々はどれだけ悲しい思いをされているのであろうか。
ましてや警察官に、個人的な感情で射殺されたなんて…、親もまだご健在でしょうに…。
精神的なダメージは避けられない、一生心に残る傷跡でしょう。

警視庁も忙しいのはよく分かるが、発見が早ければ未然に、確実に防ぐことができたと思う。
心身に明らかな異常を来たしていたのに放置していた結果がこの悲劇。
「ごめんなさい」では済まされない、人の生命が奪われているから。
心身等の異常を早期発見し、カウンセリングやメンタルケアをさせ、早期治療させることは職場内での上司の義務と言われている。
今回の事例でもそうだが、果たしてこれができている職場がどれだけあるのであるのだろうか…。
「人間対人間」の世界だから、気が合う合わないがある。だからストレスが発生する。
誰にだってあること(自分も同じこと)だが、これを上手くコントロールしていかないといけないでしょう。
感情を出すことも、感情を溜め込むことも「ストレス」なのかもしれないが…。
ブログで感情的なことを出せば炎上してしまうこともしばしばあるようだし…、最近は一部の過激なオタクによる一方的な攻撃があり、芸能人のブログを炎上させている。
良いことを、感動したことを書いても炎上させられる…。

本題からは大幅に逸れてしまったが、心身上の現れた場合には早めにケアをすること。
これがお互いを救う唯一の手段でしょうね…、自分も気を付けなければならんなぁ~。
「感情」をコントロールする「理性」が必要でしょう。
この世の「是」と「非」をしっかりと身に着けておかないといけない。
「今回は警察官がやった」ではなく、自分たちの身に置き換えることが大切なこと。
他人のやったことと見なすのは良くないことでしょう…、この事件にて再発防止の良い教訓になれば一番良いことでしょう。

今回犠牲となった被害者のご家族と、精神的にも病んでしまった警察官、そのご家族の方々に哀悼の意を表します。
二人ともある意味被害者だと思いますが…。
スポンサーサイト




テーマ:考えさせるニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/171-fd7cb6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)