FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
「風林火山(40)」
「三国同盟」より


ついに「甲斐の山猿」「相模の亀」「駿河の蛸」が正式に手を結ぶことになりました。

長尾景虎が上洛している隙にお互いの利害関係を利用して手を結ぶやり方は何とも上策でしょう…(・_・)ヾ(^o^;) オイオイ

山本勘助の策略が見事に的中、

今川の軍師である太原雪斎もこれには後手に回り、

結局は今川家は折れる形になってしまいました。

北条氏康も見事にやられたと感じていますが、

太原雪斎が上手く振舞ったおかげで三国同盟が成立したということに

なっていますが、

「武田のしたたかさ」が今川・北条の両家を動かしたわけです。


今川氏真は本当にボンボンのバカ殿で、

上杉憲政とは違った意味でのバカ殿ぶりですね。

寿桂尼に「アホ」としっかりと言われてしまいました。

でも本当です、本当に歴史上の残るくらいのアホな殿様です。

見ていた笑えるくらいのアホぶりでした (-_-;)ホント

あれでは武田晴信に駿河を狙われるのも無理はないわけですわ…。


それにしても今川義元は上洛しての天下取りしか頭に無いようで、

北条の挙兵には怒りキャラになっていましたね。

ちょっと自分を見失っている、冷静さに欠けた感じがしています。

もともとの独特な嫌味キャラに加えて、怒りキャラ。

もう傲慢さが目に余る光景でした…(-_-;)ホント

善得寺での講和会議でも、あの態度は北条氏康に対して失礼。

でもそこは北条氏康、態度に出さずにしたたかな人間です。

ここに大きな差があるわけです。

武田晴信の手法には強引さがありましたが、

太原雪斎が積極的に乗ってくれたのは良かったですね。


しかしこの三国同盟が各々の家にとって大きな意味を持つことになるとは、

その時は誰も知らなかったことでしょう…。

武田晴信が徐々に、そしてしたたかに、

ヒール役へと変身していく感じがしました。

しかし最終的に笑ったのは…北条家だったのですが…。


三条夫人は熱演でしたね、今生の別れを惜しむ姿は何ともいえない。

晴信も最後の光景を目の当たりにして、

何やら思うところがあったみたいですが、

国主のプライドと意地があるので、

あのような口調になってしまったのでしょう。

仕方が無いことですが、

本当は自分が抱きしめてやりたいと思っていたことでしょう。

この姫と新九郎(北条氏政)とは大変仲が良く、

多く子が産まれるようです(嫡男:氏直も含める)が、

この生活もあまり長くは続かなかったようで、

のちに三国同盟が破綻した1568年に強制送還されます。

そして翌年27歳の生涯を閉じることになります…。

武田家にとっては薄幸の娘となったわけです。

そしてまたその翌年には「義信のクーデター事件」以来、

当時別居中だった三条夫人もこの世を去るわけです。



話しは前後しますが、

どうも勘助は女は苦手なようですね。

リツはちょっと強引過ぎるくらいに積極的な行動に出ます。

まさかこれに晴信が一枚かんでいたとはね…。

軍師も見事一本取られましたね… (; ̄ー ̄川 アセアセ


真田幸隆の三男である源治郎(のちの真田昌幸)が晴信の小姓に挙がったようですが、これがオオバケするとは父の幸隆も思っても見なかったことでしょう。

ただ晴信だけは真田の三男は大物だと一発で見破っていたようです。


さて次回は今川家及び武田家に不幸がやってきます。

太原雪斎(今川家)と由布姫(武田家)がこの世を去ります。

確か原作本ではご両人ともいきなり死んでいます…( ̄_ ̄|||) ドヨォーン

それを聞いた山本勘助は嘆き悲しみ、

諏訪へと駆けていき、息絶えた由布姫と対面することになります。

(間違っていたらごめんなさい スマソッ_| ̄|○))

このことが両家にとって大変な事態を引き起こすことになるとは…。

今川家の衰退、武田家のお家騒動への序曲となります。
スポンサーサイト




テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/252-f685dfe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)