FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
「風林火山(45)
「謀略!桶狭間」より


「フグ刺し」の予定が「蛸しゃぶ」になってしまいました!

武田信玄と山本勘助を怒らせた、
今川のババアに鉄槌が下る時がやってきました。
ご存知「桶狭間の奇襲」です。

先週信玄誕生に諏訪寅王丸をそそのかして「刺客」としてプレゼントしたその御礼は、とんでもないものでした。

今川義元は尾張攻略に踏み切りますが、
その頃甲斐では武田信玄と山本勘助とのいつもの密談にて、
今回の事件の黒幕に今川のババアを名指して批判しています。
さすがの信玄公も今川から自分の首を狙われていることを知り、
大変不機嫌な雰囲気であったようです。

躑躅ヶ崎の館に使者が来ます。
飯富虎昌が諏訪寅王丸を討ち取った模様です。
武田信玄はこの知らせに対して、まず飯富虎昌を疑います。
武田義信暗殺未遂と三条夫人付きの悪女侍女を殺めたことで、
おそらく独断専行で、討ち取ったと見た方が自然だと思います。
しかししかかたな信玄は見抜いていたようで、問い詰めますが、
あくまでも大義名分を主張しています。
これじゃ民主党の小沢代表と変わりません。
わざと逃がして、しばらくして追いかけて討ち取ったのが本当では?

山本勘助は武田信玄暗殺未遂の恨みを晴らすべくその対策に追われます。
今川義元は尾張進撃にて沓掛城を拠点にしてじっくりと尾張攻略を狙っていたようです。これは常道だと思います。
その頃、尾張より御坊が武田信玄のところに参ります。
おそらく織田信長からの使者でしょうが、
武田信玄は御坊の顔を立てるべく、織田信長の人物像を聞きます。
おそらく自分と同じタイプの人間だと悟ったのでしょう。
話しを聞き終わり、勘助にあれは織田信長の使者ということを言います。まず間違いはないでしょう。その時信玄と勘助はどう思ったのでしょうか?
「今川義元は終わったなぁ…( ̄ヘ ̄;)ウーン」と思ったかも?
尾張にも甲斐に劣らぬ優秀な人材がいることを知るのでしょう。
勢いだけでは勝てないことを承知しているご両人にとっては、
義元が願わくば亡き者になれば良いと思ったことでしょう。
駿河一国を切り取る好機会だと察したことでしょう。

山本勘助は相変わらず嫌味たっぷりの今川義元、
しいてはその背後にいるババアへの策を練ります。
今回はストレートに義元に訴えることが得策だと思ったことでしょう。
山本勘助を今川館にて進言をすることになりましたが、
義元は大の勘助嫌い。今川のババアの取り成しで話しはできましたが、
ある意味門前払い同然の扱いに。
そこが勘助の狙いどころだったのかもしれません。
義元に直接清洲城に攻め入ることを進言します。
もたもたしているうちに信長がやってくることを忠告したわけです。
義元は織田方は篭城作戦に出ると読み、
力ずくにて、兵の数にて勝負を付ける予定でしたが、
どう考えてみても、尾張一国を統一した信長を甘く見ていたようです。
一気に清洲城を攻撃した方が良かったのです。
大高城に入らずに、桶狭間をさっさと抜けて攻撃した方が良かった。

土地勘の無い義元、織田信長の桶狭間への滞在作戦、勘助の読み。

見事に合致しました…(-_-;)ホント


大軍を率いての上洛という野望と驕り:今川義元

大軍を桶狭間で無益なものにしての義元本陣への奇襲作戦:織田信長

義元の性格を読みきり、逆手にて壊滅に追い込んだ:山本勘助


どれを取ってみても、まあ見事なものです。
「功名が辻」での桶狭間の合戦が本当のようですが、
実際にはこのような、勘助のような駆け引きがあっても不思議ではないでしょう。
桶狭間という地形は、確かに丘陵地であり、大高・鳴海・鷲津・丸目の各砦(出城)を見渡すには絶好の場所。
当時あのような山岳地帯のようなことはなかったと聞いています。
ましてや奇襲を仕掛けたのは、熱田神宮へ必勝祈願をしてから、一気に本隊を二手に分けて、2500の兵にて、雨が降りしきる中、
今川義元が休息中(足止め中)に隙を狙って、一気に馬にて突撃し、
本陣を守っていた旗本を難なく蹴散らして…あとは話しの通りです。
館らしきところに籠らず、陣を敷いて、そこで休息していたところを、
奇襲に遭い、主な旗本勢が討ち死にしました。
「鉄砲の名手」と言われていましたが、この時には雨にて鉄砲は使えませんでした。織田方には不利でしたが、今川方も同条件です。
数に勝る今川軍に、たとえ本陣へ攻撃しても、鉄砲を使用されれば、
少ない兵に大きなダメージが出ます。
だから情報を頼りにして、機動力、少数精鋭にて、
織田信長は雨が降るのを待っていたのでした。
雨が降ることで馬の足音を消すことができ、
急速に今川本陣へと接近することができたのです。

一瞬の出来事で今川義元の首を上げました。
長引けば今川の援軍を相手にしなければならず、
そうなれば地に利を完全に生かすことができなくなります。
よって今回のTVでの急襲には違和感を感じています!
(/=`◇´)/≪ギャォオオオオオオオオオオオオオオオ!!

急襲された場所といい、急襲された方法といい、
抗議したい気分になりました ( ̄ヘ ̄;)ウーン
尾張出身の人間には納得がいかないシーンだったと思います。

(長くなるので、続きを…)
スポンサーサイト




テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/340-45e04ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

風林火山45いちばん武者震いしたひとは?

歴史的に有名な事件をドラマとしてどう見せるかは脚本家の腕の見せ所です。特に主人公がその史実に関係していない場合でも、接点を見つけねじ曲げてでも歴史にも登場させてしまえるのが脚本家の特権です。昨年の大河みたいに無理矢理登場させることも可能だけど、それでは説 ぱるぷんて海の家【2007/11/15 09:47】

大河ドラマ「風林火山」#45

「謀略!桶狭間」 「寿桂尼ぃぃぃぃ!!」と信玄暗殺未遂の黒幕を知って吼える勘助。その背後にはさらに長尾か村上がいることもちゃんと読んでいます。こうなったらただでは済みません。目には目を、歯には歯を。同盟なんてなんのその。今川家を陥れるべく策を練り始めます{ ミチの雑記帳【2007/11/15 10:43】