FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
「風林火山(46)」
「決戦前夜」より


ついにドラマも終盤に差し掛かり、緊張感が増してきたと思いますが、
自分自身、こんなへなちょこなレビューで良いのかどうか分かりませんが、
勝手気ままに書かせていただきます… m(_ _)mスマン

番組が始まって、

いきなり「NHKまた変なことやったのか?」(・_・)ヾ(^o^;) オイオイ

と思いましたが、ちゃんと違う場面が出てきて、
いきなりですが、ホッとしました。

それにしてもいきなり、
関東での宇宙人のSMショーですかね~( ̄ヘ ̄;)ウーン
大衆の面前にて、関東管領ともあろうお方が「にしおかすみこ」ではいけません!
(・_・)ノ□ イエローカード

本陣に戻った上杉政虎は、重臣より士気が乱れ、
離反している武将が多いことを聞かされます。
それは当然でしょう、公開SMショーやった副効果ですから…(-_-;)ホント
坂東武者の名門である成田家がその仕打ちですから。
人質として残された伊勢(井川遥)さん、覚悟を決めていたようで、
言葉はある程度選んでいた様子でしょうが、次第に感情が高ぶり、
ついにはブチキレ状態にまで発展していきました。
八幡太郎義家(源義家)といえば源氏の神的な、
すなわちその分流である足利将軍家をも崇拝する存在です。
その武将から馬上での礼を許された名門への侮辱行為は恥というべきことでしょう。
元祖「癒し系」を怒らせた報いは、現代のビジュアル系を震撼させたことでしょう。
それにしても上杉政虎、田舎武将丸出しで、みっともない姿でした…( ̄ヘ ̄;)ウーン
しかし、あのプッツンが上杉政虎を元の世界に(とはいっても所詮は宇宙人ですが)戻したのは言うまでもないことです。
「神仏を敬う心を持つものは、人を敬う心を持つのが当然だ!」
宇佐美定満も主君の驕りの心を伊勢夫人が見抜いて、諭したと感じたとこでしょう。
直江実綱も心静かにそのやりとりを聞いていた模様です。
それに引き換え柿崎の筋肉馬鹿頭は何ともならん武将ですな…┐( -"-)┌ヤレヤレ
それだから子孫がその後も筋肉馬鹿を引き継ぎ、「御館の乱」以前にて討たれるのでしょう。

ここでコカコーラ社の「お茶」でも出てくれば、ホッと癒されたことでしょう…。
冷蔵庫を覗いたら「サンガリアのお茶(68円)」でした… _| ̄|○ガク
(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ


宇宙人からの侵攻を防ぎきった北条氏康・氏政親子
居城である小田原城にて祝賀会の模様です。
祝いの舞を演じてからの氏康の思惑はさすがです。
武田信玄を完全には信じ切っていない様子であり、
信州にて宇宙人を撃退すれば、うちも危ないと考えているようです。
実はその通りでして、数年後今度は武田信玄によって小田原城は包囲されます。
しかし3日にて甲斐へと帰国しますが、ここで北条氏康と武田信玄とが戦いを繰り広げます。
「三増峠の戦い」となるわけですが、直接この2人が戦ったわけではなく、
殿軍と追討軍との戦いとなるわけです。

さすがは北条氏康役の松井誠さん、踊りも絵になります。
貫禄もばっちり、文句なしです d(⌒ー⌒) グッ!!
大衆演劇界のホープであり、おばちゃんの追っかけも多いはずです。
(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン
そして極めつけは親子での共演です。
北条一族の結束の堅さ、親子の絆の強さを武田信玄・義信親子に見せ付けた感じでした。

武田信玄は上杉政虎の矛先を信州に向けるように、国境に近い城の攻略に成功しますが、
原鬼美濃が負傷退場、行方不明になってしまいます。
残念ながら次の川中島では出陣できず、それから3年後にこの世を去ることになります。
人生ほどほどが一番であり、深追いは何事も禁物であることは現代でも言えることでしょう。
次回は原鬼美濃絡みで不気味なババアが出てくるようであり、
どこかの新興宗教の教祖みたいな感じがして、ちょっと教育上良くないシーンが続くようです。

論功恩賞にて伝兵衛の手柄が認められ「甲州金3掬い」という報酬が与えられました。
まあ何とも、先日離婚した、どこかの、誰とは言いませんが、このシーンをみたら、
さらに欲に目が眩むような感じがしました (・_・)ヾ(^o^;) オイオイ
純度99.9%以上の、最高級の「金」ですからね…。
これも葉月さんの内助の功ですから、取り分は折半で… m(_ _)m
俺もこんな嫁さんがいいなぁ~(ちなみに既婚者です、私) (x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ

その時の山本勘助と真田幸隆の坊主頭のツーショット、
フグ信玄公のあの風格は気持ち悪いくらいお似合いでした。
でも見方によっては、首から白い縄で、木にぶら下げたら、あれは間違いなく、
「てるてる坊主」ですからね…NHKももう少し考えろよ!凸(▽▽メ)オラオラ
まあ、「フグの一夜干し」に比べればねぇ…(こちらは酒の肴にも、おかずにもOK)。

さてこれより連絡が入り、
変態宇宙人にしおかすみこ
上杉政虎が越後に戻ったとの知らせ。
いよいよ決戦の時来る!山本勘助と武田信玄との不気味ともいえる笑みの意味は…。
その夜、真田幸隆も覚悟を決めて、松尾城にて忍芽さんと一緒に酒を飲んでいました。
本当に仲が良い夫婦のようで、次回の合戦にて話しているうちに、
また口説いています (・_・)ヾ(^o^;) オイオイ

余談ですが、現在学研M文庫出版の「真田幸隆」という本を読んでいますが、
真田一族の繁栄の祖となった方です。
この人の生き方は「戦国時代の天国も地獄も全てを見てきた人」のように思えます。
それほど高い金額のものではありませんので、よろしければ買って読んでみて下さい。
この頃の時代背景や現代にも通じる生き方等があるはずです。
ちなみに「直江兼続」「島左近」「真田昌幸」などがあります。

以前居候中に世話になった、箕輪城の長野業政の訃報。
関東出陣にて顔色が優れていなかったことはご承知の通りですが、
おそらく労咳(肺結核)だったことでしょう、無理を承知で出陣だった模様です。
(* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌
それから数年後箕輪城は皮肉にも真田幸隆の策略にて落城し、城代となったのでした。
これが戦国の習いだったのでしょうね…。

今度ばかりは「力ずく」での戦いになるので、各々覚悟を決めているようです。
山本勘助もその一人、この策略にて香坂弾正にてきつい一言をもらっている。
このことがトラウマになっているのかどうかは知りませんが、
一発香坂弾正をはめてしまいます、リツの旦那に仕立ててしまおうということです。
「城取りの奥義」
「城」=「リツ」のことであり、見事に引っ掛けたのでした (・_・)ノ□ イエローカード
おそらくこの戦が最後の戦となり、自爆覚悟と言うべきでしょうか、
死に場所を求めていたのでしょうか?
勘助の全ての知識を香坂弾正に託したことは歴史上明らかなことです。
軍略家としても名高い、また冷静に情勢を読むだけの力がある能力は
「逃げの弾正」として、武田家の暴走の抑止力ともなったのです。
それだけの能力を持ち合わせていることを見抜いたことでしょう。
川中島の合戦以降、武田家を支えたのは真田幸隆、香坂弾正という大きな2枚看板であったことは言うまでもないことでしょう。

一方越後での矢崎平蔵。
ヒサさん、今回は優しい感じがしていましたが、その中でも何処か悲しい感じでした。
しかし、ちゃんと旦那を立てています、立派なことです。
以前より「KY」と言われていた平蔵ですが、今回は普通でした…。
今度の出兵がどんな意味を示しているのか分かっているからでしょう。

上杉政虎及びその家臣の言動には今回は「?」でした。
宇佐美定満の言葉は大したことはないと思っていますが、
直江実綱が言うには「信州に海津城を造ったこと」が挑戦状だそうです。
信州の守護職は武田信玄です、どこに城を作ろうが勝手です。
海津城は越後からの攻撃を抑えるための城であり、迎撃用の城です。
普通に考えれば間違いなく侵略者は越後の上杉政虎ですから…。
意味不明、訳が分からない理屈を付けて侵攻しているのはどちらでしょうか?
また関東での「拉致・暴行・監禁・不法侵入」事件の首謀者である上杉政虎。
「我は人」と言っておきながら、出陣前には「我は毘沙門天なり!」と豪語していました。
これって矛盾していませんか~?
絶対に現代であれば「病院送り」間違いなし!
危険です、あまりにも危険です、いち早く治療を開始した方が良いでしょう…。

「何じゃ、この人は???」

「出陣前に訳が分からんことを喋っているし…、この人危ないぞ~。」

「アスペルガーか、この人は?」

うちのカミサンの一言でした m(_ _)mスマン
(私の方が理解できませんでした・・・(ノ´∀`)

海津城より越後軍来襲の知らせが「狼煙」を使って甲斐の躑躅ヶ崎館に。
情報網の整備が完璧であった武田信玄は重臣を呼び出し、
川中島での合戦に向けての軍議を始めますが、
この狼煙、間違って伝わっていたらどうなることでしょうか?
それこそ武田信玄が「にしおかすみこ」になって担当者(香坂弾正)がムチ打ちの刑に?


冗談はこれくらいにしておきます m(_ _)mスマン
次回よりクライマックスシリーズとなります。
NHKの公式HPでは特集が組まれているようで、
出演者の映像も交えたものになっています。
「真田幸隆」は宿敵「村上義清」と戦うようです。
スポンサーサイト




テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/361-f8000cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「風林火山」第47回 「決戦前夜」

「決戦前夜」緊張が走るサブタイトルですが、あまり緊張感もなく観てしまいました。 成田長泰鞭打ち事件の傷は大きかったですね。 源氏にも下馬せずに挨拶をしても良いという祖先を持った名門中の名門・成田(それを感じさせないキャスティングが{/face_warai/})、とい つれづれ さくら日和【2007/11/26 07:50】

風林火山47 リッちゃん花枠は婚約ご祝儀?

早いものでもう47回。今年の大河も後三回となりました。 そう言えば40回を過ぎた頃でしょうか、大河を見ていた家人がポツリと一言 「それで、一体いつになったら武田信玄は出てくるの?」 絶句!とはこーゆー状況を云うのでしょうか。 我が聡明なる家人にしても、武... ぱるぷんて海の家【2007/11/26 09:35】

『風林火山』決戦前夜

JUGEMテーマ:エンターテイメント 今週は、最終決戦にのぞむ両陣営それぞれの人物の決意や表情を、くまなく描く回でした。 関東の名族の成田を馬上から引き下ろして鞭で打ったことにより、上杉勢に参陣していた関東諸将は、次々と政虎のもとから去ります。 当の成田 ふるゆきホビー館【2007/11/26 19:31】

風林火山.47/決戦前夜!

先週はカリスマ宇宙人の「はっちゃけ」ぶりに多くの人心が惑わされましたね(><)「ど~なっちゃうのよ~この大河?」というご意見を周辺諸国で拝見いたしました。そして誰もが確信したのは「ヤツは人間ではない!」・・・だ~から言ったじゃん!(トクイトクイ)これは... ブルー・カフェ【2007/11/27 09:57】

【風林火山レビュー】決戦前夜

前回までのあらすじ緒形拳が「まずい!」と呟いた。利重剛、哀れ!一番の見せ所なのに出番なし!その代りに井川遥さんが・成田が何故下馬しなかったのか・成田他、関東勢が裏切った理由といった事の全てを解説して下さいました!グッジョブ!井川さん。全く持ってその通り... 必然的なヒストリー【2007/11/27 21:57】

大河ドラマ「風林火山」#47

「決戦前夜」 {/eto_uma/}から下りて挨拶しなかった成田長泰に対して鞭を振るいまくった景虎改め政虎。 でも、それは政虎の大暴走でした。 成田の妻・伊勢の言葉に政虎は大ショック{/face2_shock_m/} 成田家は馬上のまま挨拶を許された名門の家柄だったのです{/kirakira... ミチの雑記帳【2007/11/29 19:45】