FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
「10W杯南アフリカ大会大陸予選の組み合わせと予想について(1)」
「アジア予選(3次予選より):出場枠4.5」

上位2チームが4次予選(最終予選)に進出する。
来年2月に開幕、9月末まで続く。

1:オーストラリア・中国・イラク・カタール

このグループはおそらく「魔」の組み合わせになったであろう。
前回W杯にて16強になったオーストラリアも今回ばかりは苦戦は必至。
中国も前回出場を逃しただけに、今回にかける思いは強く、代表強化もしていることであろう。
イラクはアジアカップ覇者として、今回の予選に臨むことになるが、一番嫌な組み合わせになったことであろう。
カタールもそろそろ最終予選に進出するだけの力は持ち合わせているはず。この組の中では一番不気味な存在。

上位2チームの予想は大変難しいが(2位チームはおそらく得失点差)、
あえて「オーストラリア」「カタール」を挙げておこう。
オーストラリアはアジアカップ予選での遠征の経験があるので、対策はそれなりに分かっているはず。
カタールは僅差の、接戦での勝負ではやや有利かな?


2:日本・バーレーン・オマーン・タイ

ここはG1に比べれば、まだマシな方ではあるが、決して楽観できない。
3強1弱の感じ(タイがややレベル的には下)がする。
日本にとってはバーレーン・オマーンが不気味な存在。
H&Aにて4試合あるが「Hで2勝、Aで2分」で終えれば2位以内は確定的でしょう。
まあ、あえて「Hで1勝1分、Aで2分」「Hで2勝、Aで1分け1敗」でも悪くはないでしょう。
ただH&Aにて通算2敗するとマズイなぁ~。

今回は2位狙い「4勝1敗1分(勝ち点13)でも良いのではないかと思いますが・・・。
予想成績は「4勝2分(勝ち点14)」がベストであり、1位通過となるでしょう。
もちろん6戦全勝(勝ち点18)であれば文句はありませんが…。

上位2チームの予想は「バーレーン」「日本」でしょう。
おそらくバーレーンは伝統的なカウンタースタイルなので、相手によっては大勝はしないでしょうが、
一発を確実に決めてくる可能性は高いので、その点は日本も含めた他の3チームは要注意。


3:韓国・北朝鮮・ヨルダン・トルクメニスタン

南北朝鮮対決は見物でしょう。
結構友好的な、それでも激しいプレースタイルで両チームが臨むことでしょう。
ここに割って入ってくるのがおそらくはヨルダン。
戦術がしっかりしていれば最終予選進出も決して夢ではないでしょう。

上位2チームの予想は「韓国」「北朝鮮」が順当であればこうなるでしょう。


4:サウジアラビア・ウズベキスタン・レバノン・シンガポール

ここはサウジアラビアの独壇場になるでしょう。まず「まさか」がない限りは1位通過はほぼ確定的でしょう。
このグループは2位確保が争点になるでしょう。
ウズベキスタンが一歩優位とは思われますが、アジアカップ予選にて大苦戦。
香港と大激戦の末に、最終節で予選突破。今回も苦戦しそうですね。
メンバーも大幅に変わっていない様子。レベルを上げていれば良いのでしょうが・・・。
不気味な存在なのがシンガポール。
過去は全部予選1次R敗退ですが、着実に力を付けてきています。
戦術もしっかりしているので、ひょっとしたら台風の目になるのかもしれません。
レバノンは好不調の波さえなく、コンスタントに力が出せれば最終予選進出もあり得ることでしょう。

上位2チームの予想は「サウジアラビア」とやはり「ウズベキスタン」がしぶとく決めてくるでしょう。


5:イラン・クウェート・UAE・シリア

珍しく4チームとも西アジア(中近東)勢となりましたね。
ここはやはりイランが一歩優位に立つことでしょう。
残り3チームの争いになるでしょうが、ややUAEが格下かな?
最近UAEは以前のような強さが見られないし、前回06W杯予選1次R敗退などが目立つ。
シリアは若い世代が伸びてきているし、クウェートは元々力があるチーム。

上位2チームの予想は「イラン」「クウェート」が無難な線でしょうかねぇ~?
クウェートは前回の雪辱(最終予選での敗退)に燃えていることでしょう。


(最終予選進出予想チーム)

1:オーストラリア・カタール

2:バーレーン・日本

3:韓国・北朝鮮

4:サウジアラビア・ウズベキスタン

5:イラン・クウェート

06W杯出場国は順調もしくは悪くてもそれなりに決めてくるでしょう。
最終予選はどの組み合わせになっても苦戦は必至です。
順調に行けば09年9月頃にはまず4チームが決定しますが、
最低でもグループ3位を確保しておかないと本大会出場の夢は消えてなくなります。
09年10月のアジア第5代表決定戦(H&A)を制すれば、
09年11月のオセアニア1位チームとの大陸間プレーオフ進出となります。
こうなればアジアにとっては優位になることでしょう。
ニュージーランドにおそらくなるでしょうから、力の差は歴然としていることでしょう・・・。
スポンサーサイト




テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/366-d79a9d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)