FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
チベット人を悪に仕立てるな。
チベット人を救え!中国政府はチベット人を悪に仕立てるな!
抗議デモを暴動にまで扇動した罪のほうがずっと重いはずだろ?
中国は秘密主義国家のように思えます。
そんなにダライラマと世界の要人が会談するのが怖いのでしょうか?
知られてはならない秘密でも、弱みでもあるのでしょうか?
まあ、あることでしょうが… ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080320-00000031-jij-int

チベット国旗


中国政府はなぜチベットで抗議行動が起こったのかを正面から捉えるべきである。
平和的なデモに対して武力で鎮圧するようなことをなぜやるの?
チベット人は中国に対して何をやった?
人権侵害も甚だしいことだ!ダライラマがそんなに恐ろしい存在なのか?
中国は将来的には自治区を廃止して、民族浄化をする予定なのか?
漢民族こそが真の中国人だとでも言いたいのか、これこそ暴挙である。
チベット人も中国人も同じ平等な生命であり、お互いに否定することなどは何も無いはず。
今回の中国政府の対応には不満がある。
国際機関をシャットアウトして、内政干渉だぞ!とでも言いたいが如く、
早急に処罰を粛々と進める感じがしてならない。
くるくる様(リンク集からどうぞ)のブログサイトにて詳細が書かれてあります。
大変参考になります、また今回の虐殺についての投稿もあります。
これを見て本当にショックでしたよ…(-_-;)ホント
(気分よくない画像がありますので、見るときにはご注意下さい)

国際社会の批判を全く無視して「厳罰」にて対応し、
周囲に対して見せしめをする感じがしています。
そして強引に幕引きをしようとする姿勢には不快感があります。
これ以外にも多くの問題を引き起こしている中国で五輪開催はやはり危険です。
フランスが公式に五輪への不快感を示していること(外相談話)はその表れでしょう。

国会(参議院)にて日銀総裁指名を拒否し続ける野党。
それくらいの根性があるのであれば、与党のボケた態度に喝を入れるべきです!
民族浄化を平気で行っている国には同情の余地はありません。
もっと厳しい姿勢で臨むべきでしょう。対岸の火事だと思っていると大間違いですよ!
これは中国という国家の侵略行為ですよ、なぜこんなことをチベット人はされなければならないの?
スポンサーサイト




テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

トラバ、ありがとうございますm(_ _)m

中国を知りつくしていらっしゃいますね。
それにしても、日本政府の姿勢は何でしょう!
親中派議員が跋扈しているせいで、私たちの民意が反映されません。
民意が反映されない国は「民主主義国家」とは言えません。

もしご迷惑でなければ、【日本はチベットを見捨てない】バナーを、
貴ブログに貼付して頂けないでしょうか。
中国、チベット問題に関する記事だけでも結構です。
私たちの民意を、中国政府、チベット、そして日本政府に届けたいのです。

どうか、どうかお願い致しますm(_ _)m
突然失礼致しました。
【2008/03/21 09:08】 URL | 鴻 #FDXVSfgk [ 編集]

コメントありがとうございます。
> 鴻さま
お越しいただきありがとうございました。
またTBのお礼まで、ご丁寧にありがとうございます。
私は「中国」という国のイメージが悪いものを持っていませんでした。
ついこの前までは…(-_-;)ホント
高病原性鳥インフルエンザについてはパンデミックも時間の問題ということもあり、
やむを得ないと感じていました。
ただそれからの対応のまずさから歯車が狂いだし、食の安全性にて決定的になりました。
経済成長にてさらに裕福な家庭と貧困の家庭との差が大きくなり、
それが地域格差を生み、民族融和が民族支配という悪循環へとつながったと思います。
あまり上手く書けませんが、私の中ではチベット人への弾圧にてさらにイメージ悪化。

中国共産党幹部と創価学会との関係については親密な事は以前より知っていました。
国家主席も池田名誉会長を日本の政治家として、指導者の一人として接触することを希望していたようですね。
まあおそらくこうなるであろうとは予測は付いていましたが、確信が無かったために報道されていないことは書かないようにしていました。

中国が嫌いということではありません。
中国が今していること『チベット人への不当な弾圧行為』が嫌いだということです。
またそれを黙認している日本国が嫌いなだけです。
親中派議員の存在は結構ですが、やはりダメなものはダメと言うべきです。
それと同時に国会で中国への批判採択決議案でも参議院で可決したらどうでしょうか?
野党が多数派を占めている今ならば出来ることだし、与党のお馬鹿幹部や大臣に圧力をかけることができるでしょう。それくらいはやっても良いのでは?と思います。
国益が大事か?それともアジアの同胞が大事か?
「内政干渉だ!」と公言している中国に対しては、「人権擁護だ!」という烽火を挙げてやれば良い。
逃げ腰の与党に対しては攻めに行く方がずっと存在感が高まるでしょう。
国会での決議は拘束力は無いが、国際関係に対しては結構影響力が大きい。

ご好意にてブログにバナーを貼らせていただきました。
中国に対しては恨みはありませんが、チベット人への弾圧には怒りを感じています。
国際社会にてこんなことが許されるわけがありません (・_・)ノ□ イエローカード
【2008/03/22 22:01】 URL | weekdaybattler #X1x3G5gE [ 編集]


おじゃまします~。

>私は「中国」という国のイメージが悪いものを持っていませんでした。
>ついこの前までは…(-_-;)ホント

中国の革命から満州建国→崩壊→共産党による建国→大躍進による飢餓→様々な迫害(政治闘争)→文化大革命。
この時代を生きた祖母・母・娘の本があります。
拙ブログの、自己紹介カテゴリに書いた「ワイルド・スワン」という本です。

http://wildswan0312.blog4.fc2.com/blog-category-8.html

これを読んでいた私は、昔から「中国怖い」と思っていました。
怖いと思う一方、魅力的な国でもありましたので歴史もを好んで読んでましたけどね。

>国家主席も池田名誉会長を日本の政治家として、
>指導者の一人として接触することを希望していたようですね。

中国、北朝鮮、韓国の問題に、創価はかなり暗躍しています。北朝鮮の暴走で面子をつぶされた中国は、北朝鮮を宥める時も池田を使いました。靖国参拝を牽制する時も池田を使いました。
創価発信の言論や、創価の政治的動きを注視したほうが良いと思います。池田が目論む総体革命も、ほぼ成功してますからね^^

>中国が嫌いということではありません。

中国は日本を乗っ取る気満々です。
「日本解放要綱」で検索してみてください。これを、単なる妄想狂が流したデマと見るか
これまでの対中国政策と照らして「事実」と見るかは人によると思います。
私は創価の総体革命がほぼ成功したこと。
日本解放要綱に合致する動きを、創価が支援していること、(中国人大量受け入れ)
日本がこれまで行った対中政策や
マスコミと中国との間に交わされた日中記者協定などと照らし「事実」と判断しました。

バナー掲載、ありがとうございます。
【2008/03/24 13:14】 URL | 鴻 #FDXVSfgk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/466-92ecbe09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)