FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
本当のところはどうなのでしょうか?
間違えて自殺する?わびを入れるために自殺する?
本当の理由が知りたいと思いますが…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000047-mai-soci

私は小学校が、小学校時代が大嫌いでした。
特に先生が嫌いで、本当に卒業式が終わってすっきりしました \(^▽^)/
私が通っていた小学校には低レベルの先生が多くいましたからね。
在校生の言葉と卒業生の言葉がありますが、一切言いませんでした。
ましてや「大好きな学校」と「先生」が入った言葉は絶対に言いませんでした。
クソみたいな先生と、人間性を軽視した学校。
壊れてしまえ!と日頃から思っていましたから。

本当はこの児童、普段からこの小学校が嫌いだったのでは?
特に先生と気が合わないクラスメイトで悩んでいたのでは?
一発ジョークでもかましてやるか!何て思えないですからね…(-_-;)ホント
当時の私ならば言っていたかもしれませんね ( ̄ヘ ̄;)ウーン
だって本当に大嫌いな学校だったからね、ウソでも言いたくは無い!

今の自分の立場から言えることは、
ただどのような理由であれ、あのような場所では言うべきことではないし、
間違えましたm(_ _)mでは済まされないことです (・_・)ノ□ イエローカード
来賓の連中もいることだし、まあ格好が付かないのも事実。
学校長や担任からは相当怒られたのではないでしょうか?
尋ねられたのではな、複数名の教諭に囲まれての詰問、取り調べ状態だったと推測します。
本人もこのショックの方が大きくて、帰宅後に飛び降り自殺をしたのではないでしょうか?
式が終わり、クラスに帰ってからクラスメイトに相当詰問されたのでは?
まあ当然のことですか?「なぜあんなことを言ったんだ!コノヤロ!」という感じでね。
帰宅してからでもクラス中、学校中の児童の話題として大騒ぎになったことでしょう。
自業自得だと思いますが、それを聞いた保護者もその本人の氏名を知っていて、
「どの子?どの子?」と興味本位のあら探し。そしてスピーカとなるシナリオ。

そのことを感じたのでしょうか?

もう死ぬしかないと覚悟を決めての行動だったと思います。
最近大人でも責任を取らない人が多くいる中、
彼の行動にはいろいろな意味で驚かされました (-_-;)ホント
ただ誤解しないで欲しいのは「死んで侘びを入れろ!」ということではありません。
もちろん彼の言動は笑い話にはなりませんが、
ここまで追い詰めたことには、絶対に何か隠されたものがあるはずです。
上っ面だけを見ていないで、しっかりと公表すべきだと思います。
そうでないと、これからこんなことをやったら、責任と取らなければならない、
場合によっては死ななければならないということにも繋がりかねません。
現代、この程度のことで「死んで詫びる」ことなど何もありません。
もしそうであれば、政治家やキャリア官僚の大多数が死んでいただくしかないでしょう。

こんな事件が起きて、これから誰がこのような大役を引き受ける、
やりたいと思うでしょうか (・_・)ノ□ イエローカード
スポンサーサイト




テーマ:え!本当!? - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/478-e5977df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)