FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
関ヶ原戦国体験村に行ってきました。(その2)
(先日の続きになりますが…)

さて見ものはというと…、


『鉄砲隊』の演舞、『真剣による抜刀術(?)』です。

『鉄砲隊』は大坂城鉄砲隊、信州上田の真田鉄砲隊、地元関ヶ原鉄砲隊でした。

関ヶ原戦国時代村1
六連銭(六文銭)の旗印が信州上田の真田鉄砲隊です。
右側の白地の旗印が大坂城鉄砲隊です。

関ヶ原戦国時代村12
こちらが地元の関ヶ原鉄砲隊です。


火縄銃、手筒(火縄銃の大きなもの)、馬上筒による射撃(砲撃)の演舞でした。

関ヶ原戦国時代村16
火縄銃の演舞です。

関ヶ原戦国時代村20
手筒の演舞です。

関ヶ原戦国時代村23
馬上筒の演舞です。


“一斉射撃”から、撹乱戦術による“つるべ撃ち”、三段構えによる“連続射撃”など見応えはOK!

関ヶ原戦国時代村25
一斉射撃です。

関ヶ原戦国時代村24
つるべ撃ちです。

でも、とにかく爆音が大きいこと、大きいこと!

間近での演舞だったので、腹に爆音が響くこと、響くこと!

関ヶ原戦国時代村26

関ヶ原戦国時代村27
脇差を利用した狙い撃ち(狙撃)です。

関ヶ原戦国時代村17
こちらが抜刀術です。

関ヶ原戦国時代村31
こちらの方が指揮官である「澤田夢平斎」さんになります(TVでもお馴染みの方だそうです)。


動画にて伝えることができないことが残念ですが(やり方知らないの)、

スナップ写真と数枚取りましたので、ここに掲載しておきます。

一応デジカメにて録画もしましたが、UPのやり方が分かりません。

動画の入れ方(やり方)を知っている方は教えてください(メールボックスからでも可)。



尚、管理人からのお願いがありますが、

これはあくまでも管理人個人の所有物なので、無断での使用・配布はご遠慮下さい。

使用したい方が居られるようでしたら(素人の下手くそ写真なので、まずは無いとは思いますが)、

コメント欄もしくはメールボックスに「メルアド(フリメでOK)」を入れて送信してください。

早急に返信(返答)させていただきます。
スポンサーサイト



テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

おじゃまします!

鉄砲隊ですか!すごい迫力、伝わってきます。
私の友人に先込め式の鉄砲屋がいまして、黒色火薬の煙は並じゃないと言っていました。その友人曰く、長篠の戦の鉄砲隊三段構えは無理だったんじゃないか、とのことでした。要は、一発目の煙が酷くて、二発目以降、相手を狙う事ができなくなるのだそうです。自分で試したから分かるといっていました^^

それにしても、三途の川の渡し賃、不惜身命の六文銭はかっこええですな。

【2008/04/08 12:25】 URL | 高倉三郎 #- [ 編集]


>高倉三郎 さま
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
返信遅れて御免なさい スマソッ_| ̄|○))
実際に間近で見ていましたが、腹の底から響きましたよ w( ̄△ ̄;)wおおっ!
迫力満点!もう最高でしたよ d(⌒ー⌒) グッ!!

>長篠の戦の鉄砲隊三段構えは無理だったんじゃないか、とのことでした。
長篠の合戦(設楽が原の合戦)では「陣城」といって小高い丘の上に急場の城を作り、
城壁や馬防柵などを三重にも四重にもして、
さらには馬の足を絡め取るような仕掛けをして武田の騎馬隊を足止めさせて、
鉄砲隊にて狙撃したと記載されているようです。
そのほとんどはつるべ撃ちにて、多くの名高い武将が討ち死にをしました。
善戦したのが真田信綱・昌輝の兄弟でして、左翼の佐久間隊に襲い掛かり、
真田得意の弾丸戦法(塊戦法)にて馬防柵を突破しましたが、
最後の城壁、馬防柵にて鉄砲の餌食となったそうです。

確かに三段構えでの鉄砲隊については、いろいろな疑問点が指摘されています。
弾丸装着及び、発射後の視界不良にて時間が掛かることはご指摘通りでして、
連射という今のイメージは無かったのではないかと思っています。
そのために堅固な備えにて、猛攻を防いだと思います。
武田の騎馬隊がもたもたしている間に、鉄砲隊にて狙撃したのが正解かもしれません。
そうでなければ、少しでも守備隊(織田・徳川連合軍)の隊が突破されれば、
完全に敗北していたであろうと推測できます。

結果としては織田・徳川連合軍の未曾有の大勝利と歴史には書かれていますが、
多くの将兵(足軽隊)も失っています。
これは武田軍の退き陣の際に殿軍を務めた馬場信春・内藤昌豊の奮戦にて、
これより先、織田信長は武田滅亡までには7年もかかったのは、
これらの犠牲を伴うだけの心構えがまだ備わっていなかったのではないかと思います。
勢いだけでは武田は潰せないと感じていたことでしょう…( ̄ヘ ̄;)ウーン
【2008/04/12 21:37】 URL | weekdaybattler #X1x3G5gE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/488-48652f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)