FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
ここに人間の甘さが潜んでいるわけです…(-_-;)ホント
金メダリストは過去のこと。
心の隙が柔道に現れているのか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080405-00000934-san-spo

世界トップクラスの選手でも、心の隙があれば完敗する。
慢心・驕りは禁物である (・_・)ノ□ イエローカード
日本の歴史上の出来事でも、このようなことは語り継がれている。
桶狭間の合戦、河越の合戦などはその良い例である。
これ全ては「心の隙」であり、「慢心」でもある。
確かにこれらには事前のお膳立てもあるが、総大将、将兵の楽勝雰囲気が命取りに…。

人間、必ず勝ち癖が付けば自信が過剰になり、やがては驕り・慢心へと繋がる。
その時に、そのことを知ったときには、既に遅しの状況になっていることがある。
今回も五輪選考会も兼ねた重要な大会。
本人の中にも、ちょっとした心の隙があったのであろう。
実力者であることは誰もが認めることである。
しかしその姿を追ってやってくる人間もいることを知らなければならない。

先日引退したWWEのスーパースター、世界最高のプロレスラーでもあった「リック・フレアー」
この人の生き方といい、プロレススタイルは好きであった。
正攻法でも十分に闘えるだけの実力者であるが、
あえて相手の隙を上手く利用した闘い方は、隙を作らせる闘い方は、
『勝つこと』への彼独特のこだわりがあったと思う。
だからシングルやタッグの世界王座などのタイトルに10数回も君臨できたのではないだろうか?

逆を言えば実力伯仲状態にて「心の隙」ができてしまった方が負けである。

自分の立場を過信し、それが最悪な形として出てしまった ( ̄_ ̄|||) ドヨォーン
相手は必死で倒しに来る、その先には五輪出場権があるから。
「野村を倒せば、世界が開ける!」これが原動力となったのであろう。

そのような相手には全力で挑まなければ、今回のような不様な結果になる。
「戦」であれば、不名誉な戦死である。取り返しが付かないのである。

自分に自信を付けることはもちろん大切である。
これは勇気と気力が自分自身に付いてくるから良いことである。
周囲も認めることになり、さらに上昇機運も高まることでしょう。
しかし、これに踊らされて、自分自身を見失うと手痛いしっぺ返しを喰らうことになる!
人間の甘さが身を滅ぼす事だってあることをしっかりと知るべきである。

勝って兜の緒を締めよ!

これが大切なことであろう (・_・)ノ□ イエローカード
スポンサーサイト




テーマ:スポーツニュース - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/489-c36e145e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)