FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
URだけを一方的に責めるのはいかがなものでしょうか…( ̄ヘ ̄;)ウーン
この記事、今日読みました。
確かに気の毒なことですが、これからこのような記事が多くなっていくことでしょう。
「孤独死」誰もが望まないことだと思っていますが(私もですが)、
その方の事情などで、このような悲劇を迎えることもあるでしょう。
一番気の毒なのは亡くなられた本人です。
年老いた人生にて、身寄りが無いのは余計に寂しい、そして悲しいことです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080706-00000001-maiall-soci

URのやっていることに対して、一方的に悪い!と責めている記事やブログが多いと推測します。
確かに死んでしまった人間の銀行口座からまだ引き落としを続けているのは問題でしょう。
しかし、URの言い分も分かります。
「身寄りを探している」と表面上は言っていますが、
だからこそ「自分勝手に処分できない事情」もあることでしょう。
ようやく身寄りが見つかった時には後の祭りでは話しにもなりませんから…。

>利益確保のため意図的に放置したと見られても仕方がない
こういうことを平気で言う人がいるようですが、
今後は孤独死を迎える人が急増することでしょう。
意図的に放置プレーをするには、近所の住民は気味悪いですよ。
URは利益確保のためには人間関係を意図的に壊しているのでしょうか?
そんな風には思いたくはありません!
UR側の困惑も分かりますからね。

>入居者が亡くなった時点で、民法上の賃貸借契約は解約されたと解釈すべきで、その後の家賃徴収は違法だ。しかし、親族が見つからずに荷物が搬出されない場合はURも対処に迷うだろう。身内のない独居老人が亡くなるケースは今後、増える可能性があり、民法上問題が出ない対処方法を法的に整備する必要がある
このコメントに対しては至極ごもっともだと思っています。
確か本人が死亡した時点、確認できた時点で本人名義の銀行口座などは凍結処分状態になると聞いています(法令上のことなので間違いであればお許しを…)。
行政上の解釈としては契約は自動的に解除が妥当であるため、
それによる家賃徴収は本来であれば違法行為と判断されるべきです。
しかしURの主張も取り入れた公平なコメントだと思いますし、
法令整備の不備もしっかりと指摘しています。
今後のケースを考えてみても、早急の判断(法令整備)は必要不可欠でしょう。
UR側も裁判所の判断を仰ぐのも一つの方法だと思いますし、
国会でも議論を重ねて、「財産管理」「家賃徴収の特例処置」「身寄りを探す期間」「その後の対応」などについて民法に抵触しない法令や民法の規定に対しても関わらない特例法令の制定を行う必要はあると考えます。

悲しい事件ですが、今後このようなケースは出てくることでしょう。
早急な判断を行わないと周囲に迷惑を及ぼすことにもなるでしょう。
スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
法整備は必要ですね
本件記事を見ました。その記載を見て「?」を感じました。
お亡くなりになった方は76歳。介護保険サービス対象年齢です。

病気をお持ちになって居たなら、ケアマネージャー等の出入りは無かったのでしょうか。
一人暮らしなら、民生委員の出入りは無かったのでしょうか。
URを問う前に・・・
「死に至らないケア」「危険を察知するフォロー」が必要だったのではないでしょうか。

資金繰りに奔走する「介護保険制度」 法の性格・未だ定まらず。
精査する事の少ない「生活保護制度」 民生委員と役所の甘い調査支給。

ワタシは、この二つの整備が、解決への道の何かを作ってくれると思うのです。
いかがでしょうか?
【2008/07/07 01:57】 URL | ゆさこをゐち #- [ 編集]


はじめまして。
私ならURを責めますね。
賃貸契約の行う場合は保証人が必要です、基本は身内でしょう。
この賃貸契約の時点で、既にURは入居者に身内がいないことが分かるはずです。
例えば何らかの事情により、家賃が支払えない場合も無いわけではないのですから、
入居者とURは緊急時の対応を当然行われるべきでした。
それを一切しないで、死んだ後にとってつけたように「身寄りを探している」とか言うのは不可解です、彼らは困惑と言うより怠慢だったのではないでしょうか?
賃貸業務を行っているなら最低でも行うべきことをやっていないのですから。

それにURは親族をどうやって探すつもりなんですか?
どれくらいの期間を探す時間に割り当て、いつ見切りをつけるのですか?
URのコメントにはまるで計画性が感じられません。
どこが公平なコメントなのか理解に苦しみます。

URがやっていることは、死人に口なしを良いことに、
死者が身につけている金品をあさる墓荒らし、ですね。

私は現行の法律でもやっていけると思いますよ、
入居者の不測の事態に対応するために保証人がいるわけですからね。
森永さんもコメントに出していますが、もう少し入居者に親身になって、
入居者は何年も契約しているのでしょうから、生きているうちに接触を図り、
今後について話し合いをするくらい、すべきだったと思いますよ。
【2008/07/07 06:01】 URL | しゅう #1wIl0x2Y [ 編集]


この記事を読んで疑問の思ったのは、新しい入居者を募集しているような共同住宅でも同じ対応なのか。そして、もう入居者を募集していない状態なのに、なぜ死亡後も家賃は取り続けるのか、です。特に、もう入居者を募集していない状態ならば、部屋をそのままにしておいても、なんらURにとって不利益はないのに、なぜ家賃を取るのかは理解不能です。これでは、利益確保と言われても仕方がないと思います。
また、死亡後も家賃を取るのが正当な行為だというのならば、銀行口座から残金が無くなり、引き落としができなくなった場合、身内が見つかった時、引き落とせなかった分の家賃を請求するのでしょうか。
やはり、8か月の放置というのは、もし悪意がなかったとしても、怠慢ではあると言わざるを得ないと思います。
【2008/07/07 23:47】 URL | 壱 #5mLFFOuI [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/07/11 22:02】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/583-a4589191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)