FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
情けねぇ~ (・_・)ノ□ イエローカード
情けねぇよ~、こんなこと児童から言われるなんて!
親の問題もあるが、県教委自体が不祥事では…(-_-;)ホント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080714-00000078-jij-soci

言われた先生、立つ瀬が無いよ、これ!
「俺知るかよ、バ~カ!」とは言えないよなぁ…(-_-;)ホント
どこの自治体でもやってることでしょう。
「教員採用選抜試験」が本当の名称だと思ったが…?
だから成績順位のみから採用されるわけではない。
学歴等で採用されるからね、あくまでも県教委の独占仕事。
不正があったとしても、おかしくは無い。
ただこれにも落とし穴があり、県職員の採用試験とは性格が異なる。
試験だけの成績で採用すると、人間性は全くと言っていいほど無視となる。
逆にこれで素晴らしい教育が成り立つのであろうか?
児童をまとめることができるのであろうか?
そういう能力なども加味されて採用されるべきである。

とはいえども不正行為にて採用とは、これも問題。
試験だけで推し量れないものもあるが、能力がない人間を教員にすると、
危険性が高まる…一体どうしたら良いのであろうか…( ̄ヘ ̄;)ウーン
スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
昨日は2件のコメント感謝です
昨夜はすっかり取り乱し失礼しました。

本件ですが「PTAの思いやり」も試される一件だと思います。
学校の先生も「俺は違う」と胸を張って言えば良いのです。

まあ、この際「洗いざらい」情報開示すれば?
そう思う自分もありますが「一人も残らなくなった」何て事があったら困ります。

学校閉鎖にしたいのなら、叫び続ければ良いだけ。
でも、ここで、あえて「信じる心」を「優しさ」と伴に包んであげれば良いと思うのです。
大分県のPTA全国に先駆けて行えば一番かと思います。

そうなれば、いたたまれなくなる教師が辞める可能性だってあると思うのです。
「褒め殺し」 それが一番ではないでしょうか。
【2008/07/15 21:57】 URL | ゆさこをゐち #- [ 編集]

ここが大分県の教育現場の試練の時
>ゆさこをゐち さま
コメントありがとうございました。
また丁寧な返礼、重ねて御礼申し上げます m(_ _)m
「人の心」は常に平常ではありませんし、時には取り乱すこともありますが、
私にはそのような感じは見受けられませんでしたので、どうぞご心配なく m(_ _)m

大分県の教育現場の試練の時だと思います。
教員の毅然とした態度が必要になることでしょう。
たとえ該当していたとしても、それは過去のこと。
拭い去ることはできなくても、今しっかりと自分たちがすべきことを粛々とやれば良いのではないでしょうか?
児童が動揺することは決して良い結果を招くことはないでしょうが、
きっちりとさせることは必要でしょう。
採用時は「悪しき風習」として県教委が全面的に悪いのであって、
「教員本人そのものが悪い」と切り捨てるのは納得できないことです。
今この時が一番大事なときです。PTAの見解待ちになりますが、
県教委に対して厳しい姿勢をとっても、現場の教員にはそのような態度は取らないでしょう。いや取るべきではないと思います。
あくまでも矛先は県教委、現場は擁護すべきです。

褒め殺し…教員の良心に賭けるということですね。
これも選択肢の一つだと思います。
PTAの懐の深さが解決のカギになることでしょうね…。
【2008/07/15 22:24】 URL | weekdaybattler #X1x3G5gE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/588-63df04bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)