FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
中学教諭にも問題あり!
殺人未遂事件を起こした少年が一番悪い。
何を思おうが、それは人の勝手だと思うが、行動に移した時点でOUTだよ。
でもこの中学教諭にも問題あり。良い先生じゃないよ、むしろ酷い部類に入る人だと思う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731-00000059-mai-soci

小学校・中学校時代には私もそれなり、もしくはそれ以上に嫌な思いはしてきた。
みんながいる前でプライドを傷つけられたこともあった。
だからこの少年の気持ちや思いは良く分かる。
もう20年以上前のことにもなるが、今この場で、大嫌いで殺してやりたい教諭が出てきたら、
理性と感情どちらが勝つであろうか…(-_-;)ホント

実際に今でもぶん殴ってやりたい教諭が数名いますよ。
それこそ○○(適当に想像して下さい)にしたいくらいの教諭いますよ。
この場で理由は語りませんが、対人恐怖症にした、人を疑いやすくなった…。
このような酷い相手がいなければ、絶対にこんなことにはならないからね。
ヤフでこの記事が出た時に、一緒についていたコメントを読ませてもらったが、
他人事のように、偽善者の如く書いていた奴が多かったのには正直腹が立った。
それこそムカついて、キレそうになった o(▼皿▼メ;)oプルプル
「人のせいにするな!」と偉そうに書いた奴がいたが、原因も知らないでコノヤロと思ったよ。
この頃(思春期)はちょっとしたことでも敏感な時期だ、それを忘れているんだよ…。
いい人、いい先生が無差別以外に刺されるのか?おい?
相手は狙いを定めて殺しに行ったんだよ…( ̄ヘ ̄;)ウーン
絶対に原因はあるんだよ、だから刺された後にこの学校長が出したコメント読んだ?

「自分と合わなかったり、気に食わない先生や友達もいると思う。その時は別の先生や友達に話したり、相談してほしい。」

まあ普通のコメントだと思うが、上司であり管理者である学校長や教頭(副校長)の責任だよ。
被害者である中学教諭、絶対にこの少年の恨みを買うような言動はあったと確信していた。
そして今日のこの記事だよ…┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
この教諭は人間として絶対にやってはいけないことを、生徒の前で平気でやったんだよ!
何の権利で、何の義務で、何の楽しみでこのような暴挙を侵したのか?
この教諭の胸座掴んで聞いてみたいね、本当の加害者はこの教諭だよ。
心療内科行きの治療切符を渡したのは、この教諭だよ。

>調べでは、重傷を負った同中学校教諭、神谷佳久さん(34)は、少年が中学2年だった年度途中で担任についた。少年は神谷さんから、同級生の前で細めの体形を野菜に例えて冷やかされたほか、たびたび厳しくしかられたと供述しているという。
放っておけよ、コノヤロ!( ̄へ  ̄ 凸
この言動が許されることなのか?心の傷を作ったのはこの教諭だよ。
体型のことで悪口言うなよ、男だから許されるのか?
女性だったらセクハラ発言で一発退場だぞ! (・_・)ノ■ レッドカード
そんな分別も無い奴が中学教諭とは情けない…中学生を理解できていない証拠だ。
こんなことを言う教諭、何がいい人だ?おかしいぞ。
少年の耐性・許容範囲を超えたことをしていたんだろう、私はそう思うがね。
人間は人前で恥をかかされたことや恨みなどはいつまで経っても忘れない。
ましてや中学生の多感な時だ、より一層思いは強いし、それだけ衝撃も大きいはずだ。
もはや「忍耐力の不足」じゃないのよね…┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

>調べの中で、神谷さんの容体を気遣ったり、襲撃を反省するそぶりはなく、謝罪の言葉もないという。
あるわけ無いだろ!できるわけないだろ! ゚*゚(゚O゚(☆○=(`◇´*)o
逆にあの時のこと、しっかりと土下座して頭下げろ、コノヤロ!が本音ですよ。
この教諭が病人を、犯罪者を作った。
そして月日が流れて、復習劇になった、それだけだ。

少年の行為は社会として決して許されるべきことではない。
殺人未遂・傷害事件なんて以ての外だと思う。
しかしこの少年だけを罰して「はい、終わり!」にするのは絶対に許されない。
また同じような事件が起こるよ、間違いなく起こるよ。
学校長や教頭は管理者としての責務を感じて欲しい。
安全対策だけじゃない、防衛策だけじゃないのよ。
一見この教諭は被害者であるが、同時に加害者でもある。
人間性の教育を生徒だけではなく、教諭自身にもすべきである。
この教諭が退院して現場復帰をしてきたら、今回の事件について徹底的に調べ上げろ。
この教諭だって絶対に非がある、間違いなく指導方法に非がある。
それをしっかりと悔い改めさせろ、そうでなければまた今度は違う人間に刺されることでしょう。
また数年後に卒業生にやられることでしょう…。

生徒に対しての何気ない一言が、今回の悲劇に発展していった。

この教諭は「自分は被害者だ」という感情は捨て去ること。
被害者根性、被害者意識を捨てることができなければただの驕っている人間だ。
それだけ思春期の人間を教育することは大変なんだと思い知るが良い。
教育熱心なのはそれで結構だが、そこに生徒に対する愛情がないとダメだという典型例だ。
おそらく生徒の差別化をしていたのではないかと疑っているが…(-_-;)ホント

暴言コメントは問答無用で削除します。
この記事の主旨を間違えないようにお願いしたい。
「少年の行為を正当化しているのではない」ということです。
「教諭だって問題はあるぞ、言動に注意しろ!」ということです。
スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
その通りです!
昨夜はへろへろになるまで「高校野球問題」を夜の街で格闘して居りました。
妙なコメント返しをしてしまい、すいませんでした。
書き直しましたので、よかったらもう一度ご覧頂ければ・・・・・すんません。

本件ですが、ワタシも少なからず経験がありまして・・・
ワタシの場合は、小学校6年の時「こいつと付き合うと頭が悪くなるからやめなさい」
そんな事を皆の前で「指をさされて」言われました。
頭に血が上って机をひっくり返し、椅子を投げて、教室を大騒ぎさせた記憶があります。

その当時うちの親は「PTA副会長」でした。
親を嫌った担任が「大人のエゴ」で発した言葉との事で、問題視は免れました。
だから、防御策のひとつとして「溜め込む」事は止めた方が良いと思うのです。

しかし・・・・・
「熱血教師」と報道されて居ましたが、本当の熱血教師は「フォロー」を知っている。
中学校の時、授業を妨害して殴られても「悪さ」を後で説教されました。
街でばったり出会っても「お前、高校ではふざけて無いんだろうな。」と笑って会話。
何となく「熱血教師」の報道が捏造だった事にがっかり来ました。
【2008/08/02 15:09】 URL | ゆさこをゐち #- [ 編集]

まことに
初めまして。
当HPにコメントいただき有難うございました。
上記の感想はまさにその通りですね。
テレビのインタビューでは、間違いでなければ、被害者の教諭は結構誰にでも怒っていたようで、明らかに学校側の配慮が欠けています。
傷つけられたら私だって許せませんね。
【2008/08/02 18:42】 URL | 凹妻 #7bBJltH2 [ 編集]

コメントありがとうございます。
>ゆさこをゐち さま
どうもありがとうございました。
ゆささんもいろいろな経験をされたようで…(-_-;)ホント
辛い思いをしたことでしょう。私も同じようなことをしたことがあります。
学校給食にて体質上どうしても食べられないものがありましたが、
担任は無理やり食べさせようとしてスプーンでそれをすくって無理やり口に入れさせようとしたことがありました。アレルギーがあったのでどうしても食べることができない、食べたら発作が起こることが分かっていたので抵抗しましたが、数名の児童を使ってまでも食べせられました、でもそれからすぐに教師に向かってつばと一緒に吐き出してやったことがありました、当然殴られましたが、私は悪いとは今でも思っていません。事前に申告していたのにもかかわらずやった暴挙なので、当然の抵抗だと思っています。
当時の教員の中には親が学歴が低い、親が先生を○扱いしていたこともあり、それこそいい気になっていた奴も多くいました。特に尾張藩は教師が平然と児童を殴っても良いという暗黙の了解がありました。親も文句を言わなかったことも問題でした。だからこの教訓を生かして子供たちには先生を立てつつも、しっかりと学校や教師を監視するようにしています。もう私が経験してきた思いはこりごりですからね。

今回の事件もいい加減な教師の言動が引き起こした悲劇です。
児童自身どうしようもないことを責められた、プライドをズタズタにされた恨みです。
原因はこの教師にありと思っていますので、事件にまで発展しても同情できません。
ゆささんの言うとおり熱血教師はその後のフォローがしっかりとしています。
だから児童や生徒は納得して言うことを聞き、ついていくのです。
今回の教師にはそれがなかった、だからこのような悲劇になった、自業自得だと思っています。

>凹妻 さま
コメントありがとうございます。またご訪問ありがとうございました。
思春期の人間に対する言動ではないと思っています。
どうしようもないことを、平気で公然と言う教師の心が病んでいます。
ズタズタにされたプライドはそう簡単には元に戻りません。
むしろ一生涯残る傷になるでしょう。
教師と人を育てる仕事であり、人を傷つけ、病人や犯罪者を作る仕事ではありません。
このことを肝に銘じて日々の仕事に励むべきです!
【2008/08/02 22:21】 URL | weekdaybattler #X1x3G5gE [ 編集]


申し訳ないのですが、私はそこまでこの教師に対して怒りがわいてきません。
報道だけでは、どれだけこの教師の問題があったか分かりませんし、ご自分の体験から、この教師に対して、決め付けが過ぎると思うのです。
確かにいい先生ではなかったかもしれません。しかし、weekdaybattlerさんがおっしゃるほど、どうしようもなく酷い先生だったのでしょうか。襲われた時に、生徒に対して「逃げろ逃げろ」と言っていたという記事もありました(本当かどうかは分かりませんが)。
確かに少し配慮が足りない人だったかもしれませんが、それが刺されるほどのものだったのでしょうか。私にはそうは思えません。ある意味普通の人だったと思います。
もっとも、私がこう思うのも、教師というものにそれほど期待していないからかもしれません。
【2008/08/03 04:18】 URL | 壱 #5mLFFOuI [ 編集]

どうでしょう
あるHPから来ました。
どっちもどっちかと。
確かに教諭の配慮もかけてはいますが、それを許した本人はどうなんでしょうね。
刺す勇気があるのならば、やめてくださいといえばいい。
いくらでもそういう事を乗り越え強くなっていく子はいます。
むしろ、そういうところで防護しすぎる環境があるからすぐに傷つき傷つけてしまう子が育つのも現実です。
たまたま、中学生の事件ですが、これは成人にも言えると思います。
すぐにきれやすい。
こうだからああだから。
言い訳がましい事を並べては逃げる。
忍耐力のない人こそ事件を起すのです
【2008/08/03 19:41】 URL | 教諭 #- [ 編集]

はじめまして
某掲示板から来ました。
私もそこまで酷い教諭というか教育者側に問題があるとは思いません。
勿論、その場にいたわけでもないし相応の意見もあるでしょうけど傷つけられたから傷つける
物で傷つける事が出来るなら嫌な事は嫌だと言う事もやろうと思えば出来たはず。
私の時代は給食が食べれなければ居残り病気の為、繰り返す入院は怠け者、健康な子であっても貶され、殴られ蹴られ現代であれば体罰どころの話ではありません。
しかし、乗り切れる子、調和をとれる子は沢山います。
むしろ現代の甘さが発展させたとも言えると思います。
大人も子供も都合のいい逃げ道ばかりを与えるのもどうかと。
【2008/08/03 21:30】 URL | ぱんだ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/603-41be0a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)