FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
信州上田の旅(5)
先日の続きになります。

いよいよ上田城へと参ります!

ueda-shiro1

ueda-shiro2
上田高校をさらに北へ向かいます。
そして三叉路の正面には「上田城」の入り口(二の丸)がありました。
この看板が目印ですが、信号機にも「六文銭」がありました。

ueda-shiro3
この付近(JR上田駅からほぼ上田市内中心部の至る所)は「真田六文銭」がいっぱい!
ちなみに県立上田高校の部活動や体操着の胸などにも「六文銭」
結構強烈なインパクトがありました。気分は真田昌幸・幸村ですか…?

ueda-shiro5
二の丸への橋から見たところです。
今は遊歩道になっていますが、当時は空堀となっていました。
これが結構深いんですよね、写真ではそのようには見えませんが…。

ueda-shiro6

ueda-shiro7
正式には「上田城跡公園」です。
これは公園内の案内板です。

ueda-shiro8

ueda-shiro9
上田城の歴史と当時の上田城の見取図になります。
ここにはありませんが、この看板(案内板)から正面に行った直のところに上田市立資料館があります。
詳しくは上田市のHPをどうぞ…。

ueda-shiro11
この案内板を通過してさらに奥に進むと、真田幸村と真田十勇士が城門前にてお出迎えです。

ueda-shiro10
周辺はざっとこんな感じになっています。
正面は真田神社になっています。城門をくぐると本丸になります。

ueda-shiro12

ueda-shiro13
城門の両隣には櫓があります。
大変珍しい構えをした、立派なものでした。
おそらく城門に押し寄せてきた敵兵を両方の櫓からも攻撃できるように仕掛けたものですね。
この城門、実は南側にありますが、その理由は徳川・北条の連合軍に備えて、
真田昌幸が急遽強固なものにしたようです。

ueda-shiro17
写真から左側は大変深い堀切になっています。また武器として使うことができる「矢竹」が生い茂っていました。徳川軍の多くがこの矢だけによって被害を受けたことでしょう…。

ueda-shiro12

ueda-shiro14
城門の正面はこんな感じです。大変立派なものです。

ueda-shiro15

ueda-shiro16
城門をくぐる前に(本丸に入る前に)有名な「真田石」が石垣にありました。

ueda-shiro18
これより本丸に入りますが、早速見えてきたのが真田神社です。
当日祭りの準備の最中でした。

ueda-shiro19
おそらくこれも祭りのためのものだったのでしょうか?

ueda-shiro20

ueda-shiro21
しばらく奥に入ると「真田井戸」なるものを見つけました。
さすがは真田昌幸、抜け目がありません。「信州の小信玄」と呼ばれるはずですわ…。

ueda-shiro22

ueda-shiro23
さらに奥に行くと西櫓があります。(案内板付き)
残念ながら西櫓には入ることはできませんでした。

ueda-shiro24

ueda-shiro25
西櫓付近から見た風景です。
長野新幹線が走っていますが、その向こう側が千曲川になります。
さらに見えませんが、そのさらに向こう側には上田ヶ原があります。
あの有名な「上田ヶ原の合戦」が繰り広げられたところです。
この付近、今はこのようになっていますが、
真田昌幸が築城した当時は尼ヶ淵(千曲川)一帯だったそうです。


さてこれより櫓の中に入りますが…次回とさせていただきます。
スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/606-95c590c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)