FC2ブログ
チベット人を救え!

チベット人を救え!

チベット人を救え!

プロフィール

weekdaybattler

Author:weekdaybattler
別に名乗る程の者ではありません。
男です。居住地は旧尾張藩の所有地となっています。
サッカーやラグビーなど観戦するのが好きです。
辛口のコメントもあるので、コメントに残し難い人、残したくない人はメールボックスからどうぞ。
よろしくぅ(^o^)/

現在の価値は…(・・?) エッ?!

本日現在のブログの価値は…

サイト売買のサイトストック

だそうです ( ̄ヘ ̄;)ウーン

本日までの来訪者数は…

お越しいただきまして、誠にありがとうございます サンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

気になる記事について、コメントがある方や、したい方は遠慮なくどうぞ。よろしくぅ(^o^)/ 但し不適当なものは削除しますので…(#`-_ゝ-)ピキ

最近の記事

管理人へのメールBOX

メールをくれる方へ、 『メルアド(フリメでもOK)』を必ず入れて下さい。送信できませんのでよろしくぅ(^o^)/

名前:
メール:
件名:
本文:

意味不明、中傷誹謗、関係の無い内容等その他「不適当」なものは是非控えて下さい。(書きこみ禁止等しょ処置を取ります) いただいたメール文の内容によっては管理人よりメールを出すこともあります。

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

ブログランキング

FC2ブログランキング

勝手気ままなブログ
自分の言いたいことを書きたい!辛口でも甘口でもいいから書きたい!共感できることはしたい!反骨精神を出す時には出したい!皆さんから意見が欲しい時には求めます。そうでない時には求めません。
「風林火山(26)その2」
続きになります。

長尾景虎(上杉謙信)の姿は浮世離れした、異様な雰囲気を出していた感じがしています。

「自分の父親を追い出し、他国に領土を広げている悪大将」

ちゃんと抑えるところはしっかりと抑えているところがやはり只者ではありません。
おまけに兄の猜疑心から、栃尾城に攻撃を受けてもそれを見過ごしているかのように、夜襲にて撃退している…。
本当につかみ所が無いくらいの武将ですね。
直江実綱(直江景綱)が出てきましたね、
この方は2年後に放送される「天地人」での主人公である「直江兼続」の義理の父にあたります。
直江兼続は娘婿すなわち直江家に養子に入ったわけです。
「義」と「愛」の男として、真田昌幸を師と仰ぎ、徳川家康から恐れられる武将の一人として歴史にその名を残していきます。
文武両道の立派な武将です。

村上義清の実直さも目に光ります。
三国志で言うと「孫権仲謀」に当たるような武将で、
使うのならば疑わない、男気のある親分肌の当主ですね。

「そんなことをすればみんなお互いに怪しむことになる」

人望もあり、反武田勢力を結集して挑むだけの器はあります。
(・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。) ウンウン
武田に手痛い黒星を付けた男、これが村上義清。
しかし最後は国力の差が決定的なことになり、武田を2度も破ったのにもかかわらず、領地を取られる始末…。
本当に分からないね、この時代は…。
スポンサーサイト




テーマ:風林火山 - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

数日前、NHKが出版している「風林火山(後編)」を買いました。
緒方拳さんのインタビューとかもあって、なかなか楽しみな後半です。
役者さんたちの心構えなど、読んでるとなかなか面白いです。
海を欲しがる、他人の領土を欲しがる晴信、
豊かな土地で育ったゆえに、どうして他人の土地へ侵略するのか理解できない景虎。
本編とは関係ないですが、晴信さん、対談では「僕も越後に行きたい」と無茶を行っておりました(笑)
【2007/07/02 13:22】 URL | ほにょにょん #- [ 編集]


近日中に後編を本屋に行って見てきます 笑)
晴信の最終目的は京へ上洛することではなく、
駿河の海を自分の領地にすることでしょう。
山国育ちにて「海」への思いは強く、実際に武田水軍というものも存在していたようです。
その証拠に今川義元が桶狭間で討たれてから、駿河攻めに向けて計画を練って、実行へと移していますから。
ただ相模だけは敵にしたくないという気持ちはあったようですね。
それほどまでにして北条氏康やその家臣団の怖さを知っていたことでしょう。
また力攻めを行うにしても北条軍の強さと知略には一目置いていたのかもしれません。
北条氏康・氏政親子を相手にはしたくない気持ち、事情があったのでしょう…。
【2007/07/02 17:20】 URL | weekdaybattle #X1x3G5gE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://weekdaybattler.blog107.fc2.com/tb.php/70-3d175079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)